現実を捉える
Capturing Reality

これらの瞬間はすべて、雨の中の涙のように、時として失われることはありません。私にとって写真とは、常にその瞬間に立ち会うことであり、レンズを通して物理的なもの、光学的なものから跳ね返る光をただ捉えることです。私の写真は、かつては暗室でフィルムを使って行われていたような色や階調の調整、モノクロへの変換を除けば、ほとんどがカメラが捉えたそのままの状態です。私は、個人的な撮影を「実用的」なものにするよう心がけており、重厚な加工やCGはほとんど使用しておりません。言ってみれば、その瞬間の現実へのオマージュです。
なぜかって?それは好みと選択の問題さ。別の人生では、僕はCG/VFXアーティストでPhotoshopの講師だった。SF愛好家として、生成AIを積極的に学び、その応用を探求している。デジタルの世界では、すべてが可能です。一方で、現実は現実であり、真実はしばしばフィクションよりも奇妙です。私たちが本質的に「不完全」な物理的存在であることが、私たちを人間たらしめています。
All these moments will not be lost in time, like tears in the rain. For me, photography is about being present in that moment, and capturing light reflecting off something physical, optically, through a lens. My photos remain mostly unedited, asides from color and tonal adjustments, or black and white conversions, that were, in times past, done in the darkroom with film. I strive to keep my personal photography practical, with minimal editing or CGI. A homage to the reality of the moment, if you will.
Why? Preference. Choice. In another life, I was a CG/VFX artist and Photoshop teacher. As a sci-fi aficionado, I actively study generative A.I. and explore its applications. In the digital world, everything is possible. Reality, on the other hand, is real. Truth is often stranger than fiction. It is our physical and inherently “imperfect” nature that essentially, makes us human.
 




(Taken with my iPhone.) ​​​​​​​
Back to Top